Live

住む

01 移住・定住の流れ

豊かな自然に囲まれて日々を過ごしたい。より自分らしい生活を送りたい。夢にまで見た自分の城を持ちたい。
移住・定住に対する想いは十人十色。新しい土地での生活に興味や夢はあるけれど、まずは何から始めればいいのだろう?と思う方は多いと思います。では移住定住の主な流れを見ていきましょう。

主な流れ

移住するまでの3つのケース

02 家を借りる

空き家情報バンク

空き家情報バンク制度とは、「定住促進事業」の一環として売却・賃借が可能な市内にある「空き家」の情報を所有者の方から提供していただき、市内外の購入・借入を希望される方に提供する制度です。

地域文化課 0779-64-4834

町家住宅(市営優良賃貸)のご案内

大野市の中心市街地である二番通りに市が運営する「西二番町家住宅」「東二番町家住宅」があります。景観に配慮した町家風の外観に加え、鉄筋コンクリート造で、エレベーターも設置されており1階から2階への移動もスムーズに行えます。
家賃減額制度として子育て世帯、高齢者・障がい者世帯に対して、現行家賃から一律10,000円を減額します。さらに、子育て支援として、第2子より1名につき、5,000円減額します。(家賃減額期間は5年間)

交通住宅まちづくり課 0779-64-4815

高齢者優良賃貸住宅家賃補助事業

高齢者が安心して居住できるように、国の認定を受けた高齢者向け賃貸住宅の家賃を補助します。

補助額

所得に応じた額を家賃補助

<参考例>
補助した後の住宅家賃
・コーポ花山(1DK・2DK) 34,900円 ~ 52,700円
・コーポめいりん(1DK・2LDK) 35,900円 ~ 74,700円

交通住宅まちづくり課 0779-64-4815

03 家を建てる・直す

空き家の暮らし支援事業

大野市に移住してこられた方が、定住のために空き家を取得した場合に、住宅の取得費用を補助します。また、その空き家をリフォームする場合は、取得費用に加えて、改修費用も補助します。
※事前に申請が必要です。

補助金の対象

・市外から転入して2年以内の転入者(ただし、転入の1年前までに大野市から転出していた場合を除く)
・3親等内の親族以外から取得する空き家であること

交通住宅まちづくり課 0779-64-4815

都市景観形成建築物等整備事業

空き家情報バンク制度とは、「定住促進事業」の一環として売却・賃借が可能な市内にある「空き家」の情報を所有者の方から提供していただき、市内外の購入・借入を希望される方に提供する制度です。

交通住宅まちづくり課 0779-64-4815

排水設備に伴う助成制度(水洗便所等改造資金利子補給制度・公共下水道接続促進事業補助)

公共下水道への接続工事に対する補助制度として、次の2つの制度があります。
※どちらも工事着手前に申請が必要です。

事業名 / 事業概要 補助率・上限

〇水洗便所等改造資金利子補給制度
取扱金融機関より改造資金を借り入れた場合、市より支払利子を助成します。

補助額 : 借入金(200万円を限度とし、元利均等による60回以内の月賦償還)にかかる利子支払額

〇公共下水道接続促進事業補助
設置補助を受けていない合併処理浄化槽を廃止し、公共下水道に接続する場合、工事費の一部を補助します。

補助額 : 上限額20万円(排水設備等の工事に係る費用)

上下水道課 0779-65-7670

浄化槽設置整備補助

50人槽以下の合併処理浄化槽の設置費用に対して補助します。
※工事に着手する前に申請が必要となります。

補助額

・352,000円 ~ 2,129,000円
・単独処理浄化槽から合併処理浄化槽への転換時 上限額390,000円を加算
※住宅には居住する必要があります。
※設置する人槽に応じて金額が異なります。

上下水道課 0779-65-7670

ご近所接続奨励金

同一町内(行政区内)や近隣の、単独処理浄化槽やくみ取便所の2軒以上の建物でグループを作り、公共下水道に接続した場合奨励金を交付します。

奨励金の額

50,000円 / 軒

※グループの建物は、①専用住宅や店舗併用住宅など、②同一の指定工事店による排水設備工事、③排水設備等計画確認申請書の受付日が3ヵ月の範囲におさまること、などの条件があります。

上下水道課 0779-65-7670

木造住宅耐震診断等促進事業

木造住宅の耐震性の有無を診断し、耐震性のある住宅に改修する計画を作成する費用を補助します。
※事前に申請が必要です。

補助額

耐震診断・耐震補強プラン作成にかかる費用の19/20 (限度額 97,000円)

負担額

対象者の自己負担額 5,000円

交通住宅まちづくり課 0779-64-4815

木造住宅耐震改修促進事業

木造耐震診断等促進事業を活用し、耐震補強計画を作成された方が行う耐震改修工事費用を補助します。
※事前に申請が必要です。

補助額

改修の方法によって変動します。
改修費用の80%で、上限30万円から190万円

交通住宅まちづくり課 0779-64-4815

04 宅地を探す

やすらぎの里「ぶなの木台」宅地分譲のご案内

大野市では、和泉地区貝皿に整備された、やすらぎの里「ぶなの木台」の宅地を分譲しています。
和泉地区は自然豊かな大野市でも、特に四季の彩りが鮮やかな美しい土地です。
この豊かな自然の中で「のびのび子育て生活」「のんびり第二の人生」を実現することも夢ではありません。

分譲価格

1区画 1平方メートルあたり、5,000円
1区画 平均500平方メートル(約151坪)

交通住宅まちづくり課 0779-64-4815