HOME

住む

Aさんの場合

住む

Aさんの場合都会からのJターン

性別
男性
年齢
30代
家族構成
妻・長男
環境
  • 都心の企業で働いている
  • 都心から少し離れた郊外の賃貸マンションに妻と4歳の子供と住んでいる
悩み
  • 仕事が忙しく帰りも遅い上に休みが不定期なので、子供と触れ合う機会も少ない
  • Aさんの暮らす地域では待機児童が多く、公立の保育園に子供を預けられない
  • 保育料の高い私立保育園に預けていたが、妻の稼ぎのほとんどを費やしてしまう状態
夢・願望
  • 老後は自然が豊かな環境で、自分の城を持って暮らしたい
  • 子育ての環境と自分自身の生活スタイルを見直そうと思っている

STEP01 相談

自分の地元が滋賀県、妻の地元が石川県だったので、帰省の便も考慮しつつ周辺地域で移住先を探し始めました。

いくつかの候補の中に大野市が挙げられ、まずは大野市が委託している移住定住総合相談窓口「奥越前まんまるサイト」に移住に対する様々な想いや不安があると相談します。

STEP02 体験

奥越前まんまるサイトからは、一度大野に訪れてみては?と、自然に触れながら滞在できるワークステイを紹介されました。そして、大野市を訪れた際に「こんなに自然が豊かな所になら、家を持ってもいいかなぁ」と思ったAさん。しかし観光気分で自然を眺めることと実際に自然と共に暮らしていくことでは全然違います。実際に訪れその土地で暮らす人たちや同じくよそから移住した人たちと出会い、自然、歴史、環境、生活について知識を深めます。

STEP03 住まい探し

ワークステイを体験して大野市のことをますます気にいったAさんは本格的に大野市への移住を考え始めます。当初は新築を考えていましたが、空き家情報バンクで見つけた古民家に興味を抱きます。さっそく見学に行き、気に入ったAさんは売買契約を結びました。Aさんはこのとき、定住住宅取得支援事業(中古住宅を購入した場合の補助金)を利用しました。

STEP04 リフォーム

築年数は経っているものの自由にリフォームができる物件だったので、来年から小学生になる子供のために子ども部屋のリフォームを地元業者に依頼しました。Aさんはこのとき、定住住宅取得支援事業(購入した中古住宅のリフォーム工事)を利用しました。

※ STEP03 住宅取得時と同時に申請

GAL 引越し?新生活

転職先と住居も見つかり、いよいよ引越しです。

市から転入者おもてなしセットをもらって新生活への準備は万全。

また、転入後、定住を目的に移住者が受け取ることのできる移住定住奨励金を申請し1回目10万円(全2回計20万円)の奨励金の交付を受けました。

大野市での新たな生活への期待を胸に、Aさんの大野人としての生活がスタートしました。

「いきなり都会から田舎に連れてこられた息子としてはまだ戸惑いがあるようで環境に慣れていないようです。いただいた奨励金で虫獲り網と子供用の釣り竿を買って次の休みに息子を自然に連れ出してみようと思います。」

Aさんの受けた支援一覧

受けられる助成金の
最大支給額
70万円(児童手当を除く)
利用した移住定住支援制度 移住定住総合相談窓口 結の故郷推進室 TEL : 0779-64-4824
奥越前まんまるサイト TEL : 0779-67-1117
「奥越前まんまるサイト」 奥越前まんまるサイト TEL : 0779-67-1117
ワークステイ 詳しくはこちら
空き家情報バンク 詳しくはこちら
定住住宅取得
支援事業
中古住宅を購入した場合の補助金
(住宅取得価格の1/10。ただし、補助金額の上限は25万円)
購入した中古住宅のリフォーム工事
(住宅取得価格の1/10。ただし、補助金額の上限は25万円)
詳しくはこちら
移住定住奨励金 1回目に10万円、2回目に10万円の計20万円。
詳しくはこちら
児童手当 3歳以上~小学校6年生までの児童で第1子・第2子。
一人につき月額10,000円。
詳しくはこちら
結の故郷 越前おおのオフィシャルFacebook
  • 越前おおのブランドサイト
  • 天空の城 越前大野城
  • Carrying Water Project 水への恩返し
  • 大野へかえろう
  • 大野市のホームページ
  • 越前おおの観光ガイド
  • 越前おおの農林樂舎
  • まんまるサイト